暑さはいつまで続く2019関東や東京のピークや天気予報は?

スポンサーリンク

猛暑も落ち着いた2019年の夏。

7月は今年は冷夏かななんて言われてましたが8月は一転!

猛暑日が続き、熱中症で倒れる人も大勢いましたね(>o<;)

 

台風もちょこちょこ発生するようになってきたし、もう涼しくなってもいいんじゃない?って思う今日このごろ。

そこで今回は 暑さはいつまで続く2019関東や東京のピークや天気予報は? と題して東京の秋の訪れを予想してみたいと思います。

2019年夏関東の暑さはいつまで続く?

2019年の夏、関東では暑さが続き、7月冷夏と思いきや猛暑の8月を向かえています。

今後は次第に落ち着きを見せ始め、9月になると夜は随分と涼しくなると思われます。

確かにここ最近、夜も涼しい感じありますもんね。

 

しかし、過去のデータでは9月中旬、あるいは下旬まで暑さが続くケースが多いので、特に日中の熱中症対策はしばらく必要になりそうです。

2019年は平年かそれ以上の暑さになると予想され、7月下旬~8月上旬と、8月下旬~9月上旬にピークを迎えるとのことです。

9月になると少しずつ涼しくなりますが、それでも日中の時間帯に気温が上がる可能性は高いので、夜は随分と涼しくなったからと油断しないように要注意です。

 

今後は夜の気温が下がって昼夜の差が大きくなり、やがて日中も下がり始めると予想されます。

ピークは過ぎたと考えられますが、もう一度暑さが戻る恐れがありますから、9月下旬までは我慢が必要でしょう。

日中の暑さはまだまだ続くでしょうね。

 

いずれにしても、平均気温は徐々に必ず下がっていくので、蒸し暑い関東の夏もいずれは落ち着きます。

暑いの嫌いじゃないんですけどね~。汗がwwww

暑さ2019関東や東京のピークと天気予報

2019年東京を中心とした関東の暑さは、8月下旬の時点で落ち着き始めたと見られます。

天気予報でも35℃を超える日はほぼないですし、涼しく感じられる時間帯が増えているので、ピークは過ぎたかもしれないといえます。

 

ただ、気圧の変化に注意が必要で、天気が崩れたり急な雨に当たらないように気をつけましょう。更に暑さの次は台風シーズンが到来しますから、暑さから強い雨風に備える心の準備が必要です。

 

9月に何度か暑い日が発生したら、平均気温は下がりつつ、台風が発生するシーズンに突入する形です。

台風って猛暑とは違う辛さがありますよね。

気圧下がりすぎて周りの女子は結構具合悪くなってるイメージです。

 

涼しくはなるものの、雨の日が増えたり湿度が上がりますから、天気の崩れに備えるのが正解です。

改めて確認すると、暑さのピークは9月上旬で、長引いても精々9月下旬までとなります。暑さと入れ替わるように台風の発生が多くなるので、今度は雨と風の対策が必要になってきます。

 

もう天気予報でも35℃を超える日はほぼないですが、油断すると熱中症の恐れが強まるので、水分補給は忘れずに心掛けましょう。

秋はもうすぐそこかも?!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は

暑さはいつまで続く2019関東や東京のピークや天気予報は?

と題して夏のおわりと秋の訪れを予想してみました。

 

これからは涼しくなりつつも、暑さが戻る日もあるかもしれないので油断は禁物。

その上で台風に備えないといけないから、いがいとこれからの時期が大変なのかもしれないですね。

 

屋内外で空調にやられるかもしれないし、ちょっと羽織れるものは用意しとくといいかも。

夏が終わる~(>o<)

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください