カウントダウンジャパン1819最終日31日の帰り方や終電は?混雑予想も

スポンサーリンク

平成最後のカウントダウンジャパン1819

最後まで楽しみたい!そんな人は多いハズ。

とはいえ、ちゃんと帰れるのか気になりますよね?

なんせ年越しですし。

新年早々、電車逃して風邪引いた、インフルエンザになってしまったなんて笑えません。

というわけで、「カウントダウンジャパン1819最終日31日の帰り方や終電は?混雑予想も」と題して、最終日の帰り方について解説します!

カウントダウンジャパン1819最終日31日の帰り方は?

カウントダウンジャパンの最終日の31日の帰り方は他の日の帰り方とは異なります。

例えば電車は終日運行なので終電を逃すことはありません。

そのためCDJをラストまで楽しむことができますが、なぜか毎年朝になっても自宅に帰ることができない方がいくつかも報告されています。(^^;)

野宿するくらいなら…

野宿を行う方もいますが、財布を盗まれたり暴力的な行為をされたりなどの犯罪被害に巻き込まれてしまうことがあるので野宿は非常に危険です。

野宿するくらいなら好きなアーティストの演出が終わったら思い切ってさっと帰ることをおすすめします。

カウントダウンジャパンに参加した人だけでなく初詣参拝者とか別でカウントダウンパーティーやってベロンベロンの人もいるわけですよ。

気が大きくなってる人もいるはずなので、そういう人には遭遇しないのが一番です。

ネットカフェもダメなら?

幕張メッセ周辺ネットカフェは常に満室になっており、場所取りをしている方もいるのでネカフェを探す労力が無駄でしょう。

電車が一番ラクですが、電車で絡まれるのが嫌だなぁって思うなら帰宅場所が都内であれば歩いて都内まで行く方が良いでしょう。

特に会場周辺のタクシーやバス乗り場は非常に混雑することが予想されます。

それらを待っている時間は非常にもったいないので、歩いて都内まで行って帰ることをおすすめします。

それから31日の夜は例年通り、かなり冷え込むことが予想されており、防寒具の着用は必須です。

なるべくマフラーとカイロなどの防寒具の装備は徹底しておくことが重要になるでしょう。できれば夜道は危険なので友達と一緒に参加して帰ることが良いです。
カウントダウンジャパン1819服装(メンズ)と持ち物は?男のコーデはこれ
カウントダウンジャパン1819服装(女子)おすすめは?ファッションスナップも

カウントダウンジャパン1819最終日31日の終電は?

先程も書きましたが電車は終日運行なので安心して帰ることができます。

最寄のJRの運転間隔は一時間に6本のペースで運転しており、問題なく帰宅できるかと思われがちですが、イベントの終了時間になると非常に混雑します。

中には単に年末年始に徘徊したいだけの人もいるので非常に混雑してしまうのです。

タクシー乗り場やバス乗り場は大変混雑することが予想されるので、なるべく鉄道を利用したほうが良いでしょう。

地域によっては終日運行ではない路線もありますが、最初から最後まで徒歩で帰る方法よりは安全ですし早く帰ることができます。

31日はローカルの路線であっても混雑してしまうことがあるので、家が近ければ途中から徒歩で帰っても問題は無いでしょう。

 

カウントダウンジャパン会場へ向かう際に、駅で運行情報を確認しておくのが一番安心です!

カウントダウンジャパン1819最終日31日の混雑予想も

最終日ですが、カウントダウンジャパン会場の混雑も半端じゃないですが、公共交通機関やタクシーは基本的に激しい混雑が予想されます。

だいたい、31日は20~21時から混み合い始め、年越ししてからは2,3時ですとか、5,6時辺りは特に混み合いますね。

日本全体が年越しを祝う空気になってます。

馴染みのお店でカウントダウンパーティーやったり、CDJじゃなくても年越しライブで盛り上がるライブハウスもたくさんあります。

あと、初詣の参拝者など。

お酒を飲んでる人も多いでしょうから絡まれないように気をつけましょうね。

 

絡まれない一番の移動方法は、徒歩です!

とはいえ、暗い夜道を歩くわけですから、安全靴や夜光塗料を使用したタスキに加え、懐中電灯などを使用して常に周囲に警戒するように心がけましょう。

友達もオッケーしてくれるならという条件で選択肢に入れておいてください。

一人で帰る行為は非常に危険なので、避けたほうが無難です。

まとめ

以上、「カウントダウンジャパン1819最終日31日の帰り方や終電は?混雑予想も」と題して、帰り方について解説しました。

日本全国からカウントダウンジャパンに参加するでしょう。

めちゃくちゃ田舎から参加する場合、ひょっとしたらJRが終日運行って知らず夜道を歩く、、、なんてことがないように。

 

友人と一緒じゃなくても、カウントダウンジャパンを楽しんでハッピーな顔をしている人たちの近くを位置取って帰るというのもありですね。

ぜったい守ってくれますから♪

音楽好きに悪いやつはいないのです!!!

 

今回も最後まで閲覧いただき、ありがとうございました!!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください