カウントダウンジャパン1819ギャラクシーステージのキャパは?

日本最大の年越しフェス、カウントダウンジャパン1819

毎年幕張メッセを使って5つのステージで様々なアーティストが年の瀬の夜を盛り上げてくれる音楽フェス。

ステージは、ギャラクシーステージ、ムーンステージ、コスモステージ、アースステージとアストロエリアの5つです。

名前だけ見るとギャラクシーステージが一番大きそうな印象ですが、実際どれくらいのキャパ(収容人数)なのか気になりますよね。

人気が集中しすぎて、キャパオーバーで入れないなんてそんなことになったら年も越せやしないと思いませんか?

そこで、今回は「カウントダウンジャパン1819ギャラクシーステージのキャパは?」と題して、各ステージのキャパについて解説したいと思います。

カウントダウンジャパン1819ギャラクシーステージのキャパは?

今年のCDJ1819のエリアマップはまだ発表されていません。

ですが、ここ最近ステージ配置に関しては変わってないので去年と同じになるのではないかと予想されます。

 

去年のエリアマップがありました。こちらです。

グレーの部分がギャラクシーステージ(GALAXY STAGE)です。

ステージサイズは見た限り、アースステージ(EARTH STAGE)の次に大きい規模ですね。

大きさ順で見ると

アースステージ(EARTH STAGE)
ギャラクシーステージ(GALAXY STAGE)
コスモステージ(COSMO STAGE)
アストロアリーナ(ASTRO ARENA)
ムーンステージ(MOON STAGE)

という具合ですね。コスモステージとアストロアリーナが同じくらいのように見えます。

ギャラクシーステージのキャパは?

去年の情報を見た限りでは、キャパについては公式サイトでは回答はありませんでした。

ただ色々調べた結果、ギャラクシーステージのキャパは

約17,000人

のようです。

ただ、前年よりキャパを若干大きくする傾向があるためあくまで予想です。

ライブ会場としてよく使われる施設で近い規模のところは以下の通りです。

日本武道館 (13,000人)
代々木体育館 (13,000人)

どうでしょうか?ギャラクシーステージの広さのイメージつきましたでしょうか?

最後列でアーティストを観ようとすると、親指の爪くらいの大きさにしか見えないかもしれません。笑

他ステージのキャパは?

ギャラクシーステージが約12,000人のキャパだとしたら、アースステージのキャパはマップで比較する限り相当の規模ですよね?

 

アースステージを含め他のステージのキャパについても何とかリサーチできました!

ご覧ください!!

アースステージ 約40,000人
コスモステージ 約7,000人
ムーンステージ 約6,000人

アースステージはギャラクシーステージの倍以上の人数が収容できるんですね。

これはすごいです!

さいたまスーパーアリーナがホールとしては日本最大級で約22,000人のキャパと言われています。

そのさいたまスーパーアリーナの倍に近い…

ギャラクシーステージ以上にアースステージのキャパのすごさ、実力と人気のあるアーティストだけが立てる、そんな場所でしょうか?

カウントダウンジャパン1819キャパ越えたら?

最初のほうにちらっと書きましたが、あまりに動員が増えたら入場規制がかかります!

陣取りはできませんが、絶対に観たいアーティストがいるなら少しでも早くスタンバイしておきましょうね。

まとめ

各ステージについて、キャパ予想を出してみました。

さいたまスーパーアリーナ2つ分と武道館と代々木体育館が並んでグレートアーティストがライブをする。

それがカウントダウンジャパン!!!

振り返ってみたらあのステージは伝説だったというべきライブアクトが生まれるのも間違いないですね。

 

以上、「カウントダウンジャパン1819ギャラクシーステージのキャパは?」でした!

 

今回も最後まで閲覧いただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください