コパアメリカ日本代表の背番号は?10番やキャプテンは誰になる?

スポンサーリンク

サッカーが盛り上がっています。

2019年6月14日(金)に開幕するCONMEBOLコパアメリカブラジル2019に日本代表が出場。

 

18日からグループリーグでチリと初戦なわけですが、

今回の代表メンバーは今までにない招集メンバーで平均年齢も若くどんな戦い方が繰り広げられるのか

期待しかありません。

そんな代表招集メンバーを確認しつつ、キャプテンや背番号10について調べてみました。

コパアメリカ日本代表の背番号は?

コパアメリカ日本代表の背番号は?

コパ・アメリカとは

コパ・アメリカとは1916年に第1回大会が開催された世界最古の大陸選手権で

ワールドカップやオリンピックと同じく4年に1度の開催の大会です。

サッカー王国といわれるブラジルもコパ・アメリカの長い歴史の中でわずかに8度しか優勝経験がありません。

日本の出場は実に20年ぶりということで盛り上がっているわけです。

コパ・アメリカ日本代表の招集メンバーは?

気になる日本代表メンバーですが5月24日に発表されましたね。

国内海外そして年齢も実に多彩ですが平均年齢は22.2歳で招集メンバーは以下の23名となっています。

■コパ・アメリカ 日本代表メンバー
※初招集

▼GK
1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
12 小島亨介(大分トリニータ)※
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

▼DF
2 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)※
4 板倉滉(フローニンゲン/オランダ)※
5 植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)
14 原輝綺(サガン鳥栖)※
15 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)※
16 冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)
19 岩田智輝(大分トリニータ)※
22 立田悠悟(清水エスパルス)※

▼MF
3 中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
6 渡辺皓太(東京ヴェルディ)※
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
8 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
10 中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
11 三好康児(横浜F・マリノス)※
17 松本泰志(サンフレッチェ広島)※
20 安部裕葵(鹿島アントラーズ)※
21 久保建英(FC東京)

▼FW
9 前田大然(松本山雅FC)※
13 上田綺世(法政大学)※
18 岡崎慎司(レスター/イングランド)

川島や柴崎に岡崎など、代表常連が並ぶ中

個人的な大注目株は若干17歳ながらプロで活躍中の久保建英

です。

海外からも注目されている久保選手、ゴールへの嗅覚がとんでもないんですよね。

長友選手と夢の共演を果たしてほしかったですが、次回以降にお預けとなってしまいました。

コパアメリカ日本代表の10番やキャプテンは誰になる?

そんなコパ・アメリカの日本代表ですが、背番号10番は

カタールのプロリーグで活躍中の中島翔哉選手に決まりました。

 

1月のアジアカップでも日本の大黒柱として、チームを牽引してくれることを期待されていた中島選手。

惜しくも大会が始まる前に負傷離脱となったわけですが、

今回も引き続きの背番号10。

A代表での信頼っぷりはゆるぎません。

コパ・アメリカ日本代表のキャプテンは?

長年日本代表のキャプテンを務めてきた長谷部誠選手は、ロシアワールドカップを最後に引退し

アジアカップでは背番号22を背負った吉田麻也選手がキャプテンを務めましたが

今回の招集メンバーにいないんですよね。

 

長谷部選手が長年キャプテンを務めていたので、日本代表のキャプテンでDFが任される印象がありますが

日本代表の歴代キャプテンを振り返ってみると、キーパーの川口能活選手だったり、中田英寿選手だったりと意外とポジションは関係なさそうです。

本日のキリン・チャレンジカップで誰がキャプテンマークをつけるのか、そこから予想できそうですね。

 

新しい情報が入ったらこちらでお知らせしますね。

楽しみ~!!!

 

こちらの記事も読まれています

久保建英コパアメリカの評価や海外の反応は?ファンからの感想も!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、コパアメリカ日本代表の背番号は?10番やキャプテンは誰になる? と題して

日本代表メンバーの背番号について調べてみました。

 

アジアカップでは悔しい思いをした中島選手が引き続き10番を背負い、活躍してくれると信じています!

そして、

超大型ルーキーの久保建英選手。

世界が注目する中、どんなゴールを見せてくれるか、こちらも期待しています!

 

コパ・アメリカ2019のグループリーグ日本代表の初戦は

6月18日8:00 チリ代表とです。

日本では地上波での放送がなくてリアルタイムで見れるのはDAZNのみです。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

アジア枠として日本はどこまで勝ち進むのか、朝からテンションが上がります!

スポンサーリンク