ドレミソラシドMV撮影場所どこ?ロケ地行き方と撮影監督や振付師は

スポンサーリンク

日向坂46の2ndシングル「ドレミソラシド」のMV(PV)が公開となりましたね。

もうご覧になりましたか?

夏全開のMVでさわやかな日向坂46のブルーが映える最高のMVとなっています。

聖地巡礼を考えるファンとしてはPVのロケ地が気になりますよね。

沖縄ロケだったのでは?なんて情報もありましたが、、、

 

さらに、ちょっとネタバレになりますがドレミソラシドのMVは全員にフォーカスが当たるようになっている豪華仕様!!

撮影監督と振付師(コレオグラファー)が誰かも押さえておきたいところです。

 

そこで今回は、 ドレミソラシドMV撮影場所どこ?ロケ地行き方と撮影監督や振付師は と題して日向坂46の2ndシングル「ドレミソラシド」のMVについて徹底調査したいと思います。

ドレミソラシドMV撮影場所どこ?ロケ地の行き方は?

ドレミソラシドのMV何回リピート再生しましたか?

キラーチューンになってると思いますが、改めてMVを貼っておきますね。

 

センターはデビューシングル「キュン」に引き続き小坂菜緒ちゃん。

そして2期生の河田陽菜ちゃんと丹生明里ちゃんが初のフロントメンバーに大抜擢!

それにしてもブルーがまぶしいっ!!

制服も衣替えした半袖でキュンの時の制服に比べて軽そうですね。

水を抜いた広いプールが印象的ですが、野山や田んぼの緑が生き生きとした風景が

彼女たちの初々しさというかグループとしての若さと重なってとてもいいロケ地だなぁと思います。

ドレミソラシドの音源が初公開となったときには、沖縄ロケがあったようでMVは沖縄?なんて予想されてました。

MVを見てわかるように、があります!

MV収録時の日向坂46のメンバー目撃情報はありませんでしたが、プール情報がありました。

ドレミソラシドの収録日時とロケ地は?

ファンの報告によると、

ドレミソラシドのMVの収録は5月17日16時ごろ

場所は山梨県増穂町と言われています。

 

そこで周辺のプール情報を調べてみました。

順番にチェックしてみようと思ったんですが、いきなり当たりだと思います。笑

利根川公園プールがドレミソラシドMVのプールでしょう。

プールを囲む青いレースがたなびく隙間からみえるプールサイドに日差し除けが似ていること、9レーンあることからほぼ利根川公園プールで間違いないでしょう。

 

ちなみに2018年の利根川公園プールの開放期間は7月7日 ~ 8月22日でした。

例年通りとするなら7月7日前に聖地巡礼するとよさそうですね。

ドレミソラシドのMVロケ地までの行き方は?

利根川公園プールまでのアクセスについて調べてみました。

出発地点はもちろん、日向坂。

日向坂から利根川公園プールまでだいたい3時間半くらいですね。

車だと2時間くらいのようです。

都内から日帰りで聖地巡礼できるのは個人的にはとてもうれしいです。

熱中症に気を付けつつ、節度ある巡礼をしたいと思います。

ドレミソラシドMVの撮影監督や振付は誰?

ドレミソラシドのMVで撮影手法といいますか撮影機材についても注目が集まっています。

それは、ファントムと呼ばれるハイスピードカメラを利用している点です。

 

MVの3:20くらいのところで、歌詞で言うとCメロの「君と出会うまで~」当たりからのショットですね。

メンバー全員がジャンプしてるんですけど4Kで、スーパースローモーションで写っています。

連続写真ではなくゆっくりとメンバーのジャンプや表情が変化していくのをよく映しています。

 

ファントムは新しい撮影技術でMVで利用されるのは珍しいようですが、

大胆に取り入れた撮影監督は安藤隼人監督。

 

安藤隼人監督といえば、デビューシングル「キュン」のMVも撮影した監督です。

 

安藤監督は日向坂46メンバーをとてもよく捉えていますよね。

どのメンバーも「らしさ」がめちゃくちゃ映えてて、ファンはさらに好きになっちゃうパターンです。

ドレミソラシドのMVダンスの振付師は誰?

そして肝心のダンスの振りですが、覚えやすいと話題です。

https://twitter.com/keyaki13urutora/status/1138325780855836672

しかも、ドレミソラシドのMVのダンスはひーひーダンスって命名か?って盛り上がってます。

このドレミソラシドMVのダンス振付師(コレオグラファー/Choreographer)はCRE8BOY(クリエイトボーイ)さんです。

CRE8BOYさんは、乃木坂46「平行線」やSUPER☆GiRLS「ナツカレ★バケーション」などの振付も手掛けてますのでアイドルへの造詣が深いんでしょうね。

個人的にはドレミを弾くっていうイメージがめちゃくちゃ好きです。

今後のアイドルの振付でも要注目ですね。

 

こんな記事も読まれています。

ドレミソラシド(日向坂46)歌詞!意味や解釈やフル音源動画は?

ときめき草MVの撮影場所はどこ?ロケ地の行き方と撮影監督や振付は

こんなに好きになっちゃっていいのMV撮影場所ロケ地は?監督や振付師も

サマーげっちゅMVの撮影場所はどこ?ロケ地の行き方と撮影監督や振付は(虹のコンキスタドール)

まとめ

今回は、日向坂46の2ndシングル「ドレミファソラシド」のMV公開を祝して

ドレミソラシドMV撮影場所どこ?ロケ地行き方と撮影監督や振付師は

と題して、徹底リサーチしてみました。

 

MV公開前は沖縄ロケ?なんて噂されていましたがロケ地は山梨県の利根川公園プール周辺で都内からなら日帰りで聖地巡礼できる場所です。

本格的な夏が来る前に、いえ、2ndシングルがリリースされる前に足を運んでおくのがおススメですね。

そして握手会で聖地巡礼してきたよって報告する。

最高の流れだ!

 

さわやかな夏が近づいてきてます。

スポンサーリンク