ハイキュー333話ネタバレ赤葦復活は!?狢坂1セット先取?!

スポンサーリンク

こんにちは!

ハイキュー!! 333話「タスクフォーカス」のネタバレです。

前回、梟谷学園のエース 木兎の覚醒によりメンバー全員の実力が引き上げられていく中、赤葦は他のチームのセッターのプレイが頭をよぎり思うように動けずにいました。

コートに立つ梟谷のメンバーで唯一、木兎がそれに気づき、赤葦に問いかけます。

お前「絶対に負けられない戦い」とか思ってないか?

図星の赤葦にさらに一言。

今まで負けてもいい戦いはあった?

図星を超えて、さらに気づいていなかったことに気付かされて呆然とし、監督からベンチにさげられます。

木兎は赤葦のスピード復活を信じているが、、、、というのが前回332話のあらすじでした。

木兎は覚醒したけれど、梟谷劣勢なのは変わらず、赤葦がベンチへ下がりさらに追いこまれた状態へ、、、

ここから梟谷の巻き返しはあるのか?333話のネタバレです!!どうぞ!

赤葦がベンチから見た景色

第1セット終盤 22-19で劣勢の梟谷学園。

5番の赤葦にかわって1年セッターの10番穴掘がコートイン。

 

ベンチに下げられた赤葦は、自分のプレイや頭によぎった要らないこと、木兎に指摘されたことに頭をかかえますが監督に呼びかけられ何事もなかったかのように返事をします。

そして監督から赤葦へ

一球入魂てどういう意味だと思う?

と梟谷学園バレーボール部の横断幕に書かれた言葉について問われます。

見たままの意味だと答える赤葦へ監督は

脳筋ワードだと思ってるだろ

と突っ込みつつも言葉を続けます。

でもあれは もっと理性的な言葉だ

これまでに手にしてきた得点よりも次重要なのは

これから奪わないといけない得点なんじゃないのか

と監督。

ベンチに下げられる前に木兎に言われた言葉が赤葦にフラッシュバックします。

 

返す言葉もなくコートを見る赤葦。

梟谷MB鷲尾のサーブが拾われ、狢坂のエースアタッカー桐生に対し、梟谷は3枚のブロッカー。

ドバッゥッ

というワンタッチらしからぬ音。

替わったばかりの赤堀がトスを上げますがネットを挟んでの狢坂の圧に気圧され、猿杙(さるくい)のアタックは狢坂のブロッカーに阻まれます。

赤堀がフォローしたところ、トスアップに入る木葉へバックアタックを狙う木兎が

寄越せええ!!!

と呼び込みます。警戒心を高める狢坂ブロッカー、トスをあげる木葉は

ヤだね

と猿杙へトス。

早いテンポでレフトから決めた猿杙に実況も木兎だけのワンマンチームじゃないと梟谷学園を讃えます。

22-21と追い上げる梟谷。

コートでこの1点を喜ぶメンバーをみて、赤葦は自分のプレイ中の視野の狭さを痛感します。

そして

木兎さんをコントロールした気になっていた

なんて烏滸がましい…!

なんとか試合をコントロールしようとしていた自分に気づきます。

赤葦がベンチで自分を取り戻していく中、梟谷の猛追虚しく25-23で狢坂の第1セット先取でコートチェンジとなります。

そして、赤葦は再びコートへ戻ることとなります。

スターを前にして俺にできる事は”いつも通り”の供給だけです

と監督に言葉を残して。

 

 

いやー!この漫画 ハイキューは烏野高校が主役の漫画ですよ?!

赤葦の苦悩にとても心を揺さぶられましたよ!

自分もスターでもなんでもない人間ですからね。ライバルたちが光る作品は面白いっ!!

では、話の後半へ。

タスクフォーカスすることで赤葦が復活

第2セットから再び赤葦はセッターへ。

第1セット終盤でベンチで監督から説明された 一球入魂 の意味について説明されたことを反芻する赤葦。

あれはもっと理性的な言葉だ

”タスクフォーカス”
試合の最終的な結果や審判のジャッジ
対戦相手の行動
それらは自分がコントロールできないもの
自分がコントロールできるのは
自分の思考と行動だけ
重要なのは常に
「次 自分にできる事とすべき事」

目の前の一球

梟谷のサーブから始まった第2セット。

繋がったボールも赤葦がトスを上げるには少し長め。

影山のようにトスをあげず相手ブロックにリバウンドさせてもう一度トスを呼びます。

言葉ではなく目で。

次に上がったトスは木兎が目を輝かせ笑顔がこぼれるドンピシャのもの。

この木兎のスパイクが第2セットの最初の1点となりました。

木兎が満面の笑みで

最高のトスだぜ!!

と言えば、いつも通りに

ありがとうございます

と赤葦。

 

赤葦が完全復活したところで333話はおしまい。

第2セットが始まったところなのでこれからどう展開していくのか早くも気になります。

次回は調子がいい木兎についての回想が入るか、そろそろ話の視点が狢坂のセッター臼利あたりになるのではないかと予想しています。

 

もうね、ここまでの時点で烏野対音駒と同じくらい私の中ではベストバウトになっています。

ライバルたちがかっこいい作品は間違いなく面白い!というのを確信したハイキュー。

次も楽しみです。

 

今回も最後まで閲覧頂きありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください