ハイキュー321話ネタバレ!息をのむ白熱のラリー総力戦!

スポンサーリンク

こんにちは!!

毎週1回必ずやってくるお楽しみ「週刊少年ジャンプ」。早速購入してきました。

今日は、私も大好きな人気スポーツ漫画「ハイキュー!!」の最新話レビューを書いていきます。

 

最新話となる321話の前に320話のおさらいをしましょう。

320話の見どころは何といっても、黒尾・月島のブロッカー対決でしたね。

第1セットでも火花の飛び散っていた二人ですが、さらに高い次元での闘いとなってました。

夏休み前の合同合宿で月島が黒尾の自主練に巻き込まれるような形で師弟関係が生まれた二人。

どちらも負けず嫌いで、でもブロックを楽しみながら戦っているその姿に胸が熱くなりました。

題して「ハイキュー321話ネタバレ!息をのむ白熱のラリー総力戦!」です!

ハイキュー321話ネタバレ!息をのむ白熱のラリー総力戦!

前回は、月島・黒尾のブロック対決、前々回は天才リベロの西谷と夜久にフォーカスが当たっていました。

そうなんです。これまでメンバー個人個人を取り上げてきた印象だったんですよね。

それぞれがそれぞれの思いを持ってコートに立っている。

誰もがそのキャラクターを愛さずにはいられなかったことでしょう。

 

そして、今週はいよいよチームとしての総力戦でした。

ファイナルセットを取ったチーム=勝利チームですから、どちらも攻めの姿勢で譲りません。

両校拾って繋げる中、仕掛けたのは、音駒の研磨でした。

なんとツーアタック!

しかし、これに日向が反応します。かろうじて指先が触れボールが後ろに流れていきます。

天才リベロ西谷は誰よりも自分を信じていた

本来、日向の反応はファインプレーなんですが、ツーアタックに反応した西谷が飛びこんでいたんですね。

西谷の背中を超えて飛んでいくボール。なんという運の悪さ。

しかし、天才リベロはあきらめません。

頭のてっぺんから指の先まで今のおれの筋肉は必ず応える

そう西谷は心の中でつぶやきます。

次の瞬間、西谷は左足のかかとでボールをクリア、そのままボールは相手コートへ。

はたから見たらミラクルなこの返球に誰も反応することができず、烏野が1点とります。

このプレーに会場は大歓声につつまれます!

どこまでも冷静な研磨

西谷のミラクルプレーで会場の空気も烏野に傾きかけるのですが、音駒の司令塔、研磨は動じませんでした。

この雰囲気に身を任せてはいけない。
目を凝らせ。思考しろ。

と次のポイントで、セッターらしく烏野のブロッカーをうまく引きつけながら、ブロックの隙間へトスを上げ得点を奪い返します。

解説者も

どこまでも地味で冷静

と、そのプレイを評価します。

山口から月島の流れに胸がアツくなる

しかし、流れは一進一退。烏野のサーブとなりピンチサーバー・山口を投入。

(私、個人的に努力の人である山口が大好きです♪)

レシーブで猛虎に膝をつかせ、彼のスパイクはないと選択肢を絞ります。

結果、黒尾のスパイクを月島がワンタッチ。今度は月島のターンです。

影山からのトスは、終盤になってもその手を緩めることなく月島に高い打点からのスパイクを要求します。

黒尾が一枚でブロックしようとしますが

やっぱりツッキーの打点前より高い
終盤になっても

と悔しさをにじませます。が!月島はスカってしまい、指先だけがかろうじて触れなんとか得点。

ここで音駒10―12烏野と烏野がリードします。

 

その後、音駒も1点取り返し、黒尾のサービスエースで同点となってしまいます。

黒尾の2回目のサーブはなんとかしのいで、音駒14―15烏野

烏野の3年メンバーだって負けてない

そして、月島が後衛に回るタイミングで菅原と交代。

 

菅原が助走に入った途端、会場がざわつきます。

あの控えセッターまで助走に入った!?打つの!?

 

結果は、菅原が囮となってキャプテン澤村のバックアタック!!

気づいた音駒は前回と同じくノーブロック、全員レシーブ体制を取ります。

狙い放題だ!

そう心の中で叫ぶ澤村は隙間を狙って思い切り腕を振り抜きます。

が!ネットの白帯に当り、そのままボトッとネットイン。

カッコ悪い形となりましたが、烏野は得点します。

ラッキーとも思われる得点でしたが龍之介の姉、冴子はこう言います。

今のはただのラッキーじゃないからね!
「攻めた結果のネットイン」だからね!!

と。

 

ここで音駒は選手交代。入るのは犬岡。

中継を見ていた白鳥沢の天童が

ネコチャンはワンチャン投入で勝負に出るね

と呟きます。

 

ここまでが今週の流れでした。

息をのむ白熱のラリー総力戦!は烏野が優勢だった?

今週の展開はどの選手も光っていましたが、トータルで見ると烏野が優勢に事を運んでいたような印象でした。

息をのむ白熱のラリーと表現しましたが、321話は非常に会話が少ないのです!

嫌がおうにも緊張感が高まります。読んでるほうも呼吸を忘れるくらいのめり込んでしまいました。

 

犬岡の投入で、音駒がどう盛り返してくるのか?烏野はどう切り抜けるのか?

次回はそんな展開が期待されそうです。

以上、「ハイキュー321話ネタバレ!息をのむ白熱のラリー総力戦!」でした!!

次の322話も待ち遠しいですね。

 

最後まで閲覧いただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください