こんまり(近藤麻理恵)なぜアメリカで人気?年収や移住した理由は?

スポンサーリンク

狭い住宅事情の日本にピッタリの片付けの本があったのは知ってますか?

ベストセラー著書「人生がときめく片づけの魔法」

著者は、こんまり こと 近藤麻理恵さん。

今、アメリカで爆発的に人気を博しています。

 

日本とは住居環境の異なるアメリカでも人気ってスゴいですよね。

そして、なんで人気なのかも気になるところです。

今回は、こんまり(近藤麻理恵)なぜアメリカで人気?年収や移住した理由は? と題して、彼女の秘密に迫りたいと思います!

こんまり(近藤麻理恵)なぜアメリカで人気?

さて、アメリカで大人気のこんまりさん。

一体何で火が付いたのでしょうか?

2019年1月1日にスタートした、Netflixのオリジナルシリーズ「KonMari〜人生がときめく片付けの魔法〜」(原題:Tidying Up With Marie Kondo)というリアリティー番組です。

これがまた面白いんですよ。

あ、ちなみに冒頭に挙げた

ベストセラー著書「人生がときめく片づけの魔法」

は読んだことありますか?

読んだ人なら納得すると思うのですが、ただの片付け方法を紹介しているわけじゃないんです。

心に作用する片付け論とでもいうんでしょうか。

片付ける(処分する)ものに対して「ありがとう」と言いながらバッサバッサと不用品を選び出すその姿はとてもインパクトがあります。

もちろん、それだけではなく自己啓発とセラピーの要素がふんだんに取り込まれたプログラムでなんともアメリカ人好みなんですよ。

 

「物にときめくかときめかないか」を基準にしたこんまり流片づけ思考はとてもマインドセットに作用すると思いませんか?

そして、これは大量生産と大量消費はもうそろそろ終わりで良いんじゃないかと考え始めたアメリカ人若年層の心をわしづかみにしたのも納得です。

 

ただ、その大胆な手法が受け入れられない人もいるようで、今後の展開が楽しみな一方、心無い人の嫌がらせなどが周りから不安視されているようです。

こんまり(近藤麻理恵)の年収や移住した理由は?

これだけ注目されればさぞ、本の売れ行きも好調でしょう。

本の収入、印税はどれくらいでしょうか?

印税=販売価格 × 発行部数 × 印税率

ですが、本の場合、だいたい10%と言われています。

販売価格 1,500円 × 発行部数 300万部 × 印税率 10%で

4億5,000万円!!

あ、でも、これまでの部数なので、年間での計算になるともう少し少ないですね。

だとしても1億はくだらないでしょう。

 

しかも、TV番組にも出て、セミナー講演もあるでしょうからそっちの出演料だって相当だと思われます。

そう考えると、1~2億くらいは年収でゲットしてるんではないでしょうか?

 

しかし、日本で大人気だった矢先にアメリカへ飛び立ったわけですが、こうなることを予測していたとは思えません。

実際のところ、どうしてアメリカへの移住を決意したのでしょうね?

どうやら、ベストセラーとなったのは日本国内ではなかったのが理由みたいです。

日本でブレイクしたあと、世界各国の言葉で翻訳され、海外での活動が活発になってきた、そしてその1年のうち半分がアメリカでの活動になったから「じゃぁ引っ越しちゃぇ」ってことだったみたいです。

この発想もこんまり的で妙に納得してしまいますw

 

きっと日本が必要とした場合、彼女はスッと日本へ戻ってきてくれることでしょう。

そしてその日はそんなに遠くない気がします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『人生がときめく片づけの魔法』が出版されたのは2011年。

アメリカでリアリティー番組を通して、こんまりさんの人気が再燃しています。

 

彼女の片付け論は、単なるハウツーではなく、禅の精神などを取り入れたマインドにも作用する内容として多くの支持を得ています。

 

こんまり(近藤麻理恵)なぜアメリカで人気?年収や移住した理由は?ということで近藤麻理恵さんにフォーカスしてきましたが、日本でときめきそうなことがあればスッと戻ってきて日本をきれいにしてくれるでしょう。

 

今後の活躍に要注目です!

 

今回も最後まで閲覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください