M-1グランプリ2018の視聴率は?瞬間最高や平均と歴代のランキングも

スポンサーリンク

【最後に追記あり!】こんにちは!いよいよ今夜ですね。

M-1グランプリ2018決勝戦

いまさら言うまでもないですが、お笑いコンビの登竜門として全てのお笑いコンビが頂点を目指すM-1。

もちろん、お笑い好きな視聴者もネクストブレイクの予感がするコンビを見たくてテレビの前に釘付けになります。

 

本日12月2日(日)敗者復活戦が14:30から、そして決勝が18:34(3時間生放送)からとなっています。

毎年12月頭の話題をかっさらうM-1グランプリ。

視聴率が気になりますよね。

今回は「M-1グランプリ2018の視聴率は?瞬間最高や平均と歴代のランキングも」と題して予想していきたいと思います!

M-1グランプリ2018の瞬間最高視聴率や平均視聴率は?

M-1グランプリ2018の放送ですが、ABCテレビ・テレビ朝日系列

本日12月2日(日)敗者復活戦が14:30から、

そして決勝が18:34(3時間生放送)からとなっています。

 

放送前なので、何パーセントかまだ明らかになってないですが、敗者復活戦の時間を含めてもかなりの高視聴率になるのではないかと思っています。
※最後に追記で視聴率載せてます!お楽しみにっ!!

 

敗者復活戦って意外と人気あったりします。

今回の敗者復活戦はスマホ、PC、データ放送で一般の視聴者が投票できるシステムなんですよね。

自分のお笑いセンスにハマるコンビを決勝に進めたい!っていう視聴者は多いでしょうからしっかりと観る人は多いと予想しているわけです。

なかなかの高視聴率を叩き出すかもしれません。

 

決勝は決勝で、昨年導入された「笑神籤(えみくじ)」方式を今年も採用されています。

毎回クジを引き、呼ばれたコンビがそのままネタを披露します。

これによって自分のお気に入りのコンビのネタだけ見れればいいやなんて視聴者は減ります。

決勝も高視聴率に行くでしょう。

 

放送前なので実際に何パーセントになるかは終了後の発表になりますが、分かり次第追記しますね。

M-1グランプリ2018の瞬間最高資料率や平均視聴率は?

瞬間最高視聴率は、

優勝コンビの発表のタイミングか、

決勝ファーストラウンドから最終決戦へ勝ち進む3組の発表のときではないかと思っています。

おそらく放送時間帯を考慮すると、視聴率を集めやすい9時(21時)またぎのタイミングで

 

最終決戦へ勝ち進むコンビの発表があるので、最終決戦への発表のときが瞬間最高視聴率となると予想しています。

 

実際、去年2017年はどうだったのか調べてみました。

瞬間最高は関東21.7%、関西34.6%でした。

どちらも最終決戦の審査が完了し、お約束のCMをはさむ直前の場面だったようです。

審査完了時かぁ…その線もありそうですね。

 

ちなみに、平均視聴率は関東地区で15.4%、関西地区で24.0%でした。

関西圏ではやはりお笑いは外せないんでしょうね。

今年も同じくらいかもしれません。

M-1グランプリ歴代視聴率のランキングも

去年はかなり高視聴率でしたが、これまでについても振り返ってみましょう。

第1回から関東、関西の平均視聴率です。

M-1グランプリの過去の平均視聴率一覧

※視聴率は左が関東・右が関西

第1回(2001年) 9.0%  21.6%
第2回(2002年) 10.9% 17.5%
第3回(2003年) 10.7% 20.6%
第4回(2004年) 11.0% 18.0%
第5回(2005年) 12.6% 22.4%
第6回(2006年) 18.0% 31.1%
第7回(2007年) 18.6% 30.4%
第8回(2008年) 23.7% 35.0%
第9回(2009年) 20.6% 30.3%
第10回(2010年) 18.7% 23.4%
第11回(2015年) 17.2% 21.4%
第12回(2016年) 13.5% 23.8%
第13回(2017年) 15.4% 24.0%

第2回以降は視聴率10%切ることはなかったようですね。

歴代の視聴率ランキングとして見ると第8回が飛び抜けた高視聴率です。

この2008年に優勝したコンビは

NON STYLE

でした。私もリアルタイムで番組見てましたけど、確かに面白かったのを記憶しています。

今でも、当時のネタは歴代最高だと評価する人は多いみたいですね。

 

今年はそれを乗り越えるネタは現れるのでしょうか?!

楽しみです!

まとめ

M-1グランプリ2018の視聴率は?瞬間最高や平均と歴代のランキングも」と題して今年の視聴率予想や歴代の視聴率を振り返ってみました。

 

こうして振り返ってみると、関東圏と関西圏では視聴率に大きく差がありますが、それでも全体的に見ても高視聴率なのは間違いありません。

敗者復活戦からの勝ち上がってくるコンビがめっちゃいい形で決勝戦に上がってくると視聴者も釘付けになるでしょうし高視聴率が期待できるでしょう。

平成最後のM-1グランプリ2018。

伝説の回になってくれることを期待しています。

 

M-1グランプリ2018の瞬間最高視聴率、平均視聴率が明らかになりましたら追記しますね。

今回も最後まで閲覧頂き、ありがとうございました!

【追記】

ビデオリサーチの調べによってM-1グランプリ2018決勝戦の視聴率が出ました!

関東地区の平均視聴率が17.8%関西地区は平均28.2%でした。

 

瞬間最高視聴率は、関東地区が22.3%でした。

午後9時3分に優勝した霜降り明星が決勝1回戦を1位通過する662点を出して審査員がコメントするところと、霜降り明星が優勝決めたところだったようです。

予想していたとおり、関東地区の瞬間最高視聴率は9時またぎの時間でしたね!!!

関西地区の瞬間最高視聴率37.6%で午後9時56分に優勝決定戦の結果が出たところでした!

 

ちなみに敗者復活戦は関東地区で6.6%、関西地区は8.1%を記録しました。

昼間の時間帯ということを考えるとかなりの高視聴率だったのではないでしょうか?

 

新年に向けてお笑い番組やバラエティ番組の特番もあるでしょうから、そちらも楽しみですね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください