なつぞら2話さつまいもくれたお婆ちゃんは朝ドラ初代ヒロイン北林早苗?

なつぞら2話も順調ですね。

ご覧になりましたか?

今回の回想シーンでは、空襲の跡地を妹を背負って歩くなつが実写で映し出されました。

 

食べ物がないと恵んでほしいと話しかけたおばあちゃんは、

自分は孫をなくした、その子の分まで食べなさいと快く新聞にくるまれたさつまいもをくれます。

たったワンシーンだけなんですが、このお婆ちゃんがなんとも印象的でついつい気になってしまったんですよね。

でも、こんな女優さんいたっけ?と思って調べてみました。

なんと驚く結果が!

なつぞら2話さつまいもくれたお婆ちゃんは誰?

もんぺ姿に手ぬぐいでほっかむりしてたお婆ちゃん。

北林早苗さんという女優さんでした。


フェイスプランニング公式より

プロフィールはこの通りです。

~北林 早苗~
本名:村田 貞枝(むらた さだえ)
生年月日:1944年1月7日
出身地:東京都台東区
活動期間: 1956年 –
事務所:フェイスプランニング

現在は、子役事務所で有名な劇団ひまわりにて

中等部・高等部・青年部の演技指導を行ったり、

エルクハートプロモーションや放映プロジェクト養成部門講師として後進の育成に力を入れてるようです。

 

朝ドラでヒロインやった北林さんの授業って

すごく成長できそうですね。

子役を教えてるということは、子役とのお芝居も慣れていたのでしょうか、

なつを見る目がほんと優しくて、戦後もああいう優しさをなくさない人がいたから

日本てここまで成長できたんだろうなぁって思いました。

北林早苗は朝ドラ『娘と私』初代ヒロインだった

もう75歳の北林さん。

芸歴を見るとなんと

NHK連続テレビ小説第1作『娘と私』に娘・麻里の少女時代役で出演していたんですね。

朝ドラの初代ヒロインというわけです。

どおりでついつい芝居を目で追いかけてしまったお婆ちゃんだったわけだw

 

NHK制作側としても、今回のなつぞらは記念すべき100作品目ということで

これまでの朝ドラにリスペクトの意味をこめてオファーをしたようです。

 

北林さんご自身もご恩返しという意味で出演を快諾したということですから

相思相愛ということでしょうか。

作品とその出演者としてのこういう関係ってとても素敵だなって思いました。

北林早苗はなつぞらに今後の出演ないのか?

さて、回想シーンでカメオ的に出演した北林さん。

なつぞらではもう出演はないのでしょうか?

残念ながらなさそうです。。。

NHK側としては、これまでの朝ドラ作品に対して感謝をということなので

2作目3作目…のキャストの出演を企画しているでしょうから半年間の放送では

再度の出演は難しそうです。

また北林さん自身も、ここ最近の芸歴を見る限り、

2000年以降はほとんど出演作品がありませんでした。

体力的な理由なのか、あるいは後進の育成のほうが面白いのか分かりませんが

教え子が活躍するとまた注目を浴びることでしょう。

個人的には、また北林さんの芝居を見たいですけどね。

 

こんな記事も読まれています。

なつぞらヒロイン奥原なつ(広瀬すず)幼少期のたんぽぽ食べた子役は誰?

なつぞらタイトル題字デザインやアニメーションは誰?ジブリに似てると話題

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、なつぞら2話さつまいもくれたお婆ちゃんは朝ドラ初代ヒロイン北林早苗?

と題して、2話で印象的だったお婆ちゃんについて迫ってみました。

 

まさかの朝ドラ初代ヒロインである北林早苗さんを起用ということで

当時を知っている視聴者はまた感慨深いものがあったのではないでしょうか?

 

北林さんは後進の育成に力を入れてるようなので、

今後、北林さんから演技教えてもらいました!!って人が活躍する日が増えてくるかもしれないですね。

 

今回も最後まで閲覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください