なつぞら3話あらすじ!泰樹(草刈正雄)に認められなつも乳搾りに挑戦!

スポンサーリンク

なつぞら 第3話ご覧になりましたか?

今日も見ごたえ充分でしたね。

 

柴田剛男(藤木直人)に北海道・十勝の柴田牧場に連れられてきた奥原なつ。

昨日の第2話では、洋服のことで柴田家の娘、夕見子(荒川梨杏)に拒絶されたなつ(粟野沙莉)

「働かせてください」と懇願するなつに戸惑う柴田富士子(松島菜々子)をよそに、柴田牧場の主、柴田泰樹(草刈正雄)が「それでこそ赤の他人じゃ」と働くことを許します。

翌朝、従業員2人、戸村悠吉(小林隆)戸村菊介(音尾琢真)を紹介され早く仕事になじもうとやっきになるなつですが、、、

というところまででした。

働くことを許されはしたものの、見学のみだとたしなめられたなつ。第3話では仕事をさせてもらえるのか?

それでは第3話のあらすじです。ネタバレありですよ。

なつぞら3話あらすじ!牧場の一日にとまどうなつ

働くことを許されはしたものの、まずは見学だとたしなめられてから4日経った早朝から始まります。

牛たちへ元気に挨拶するなつ。

寝坊もせずよくやっていると感心する戸村父子。

黙々と仕事をする泰樹は、なつを横目にえさの牧草を牛たちにやる平常運転。

柴田家の婿養子、剛男によびかけられ、牧草のやり方を教わるなつ。

先端が4つ又に分かれる鋤は子供用のものなんてなくて、へっぴり腰ながらもがんばるなつがかわいいです。

 

えさやりの後は、搾乳の時間。

泰樹、剛男、戸村父子4人が搾乳している姿をまばたきもせず見つめるなつ。

その熱い視線は養われるだけじゃダメだという意志のこもったものでした。

 

搾乳が終わったら、いよいよ牛たちは牧場へ。

放牧の手伝いはおあずけのなつは小屋から

たくさん草を食べるんだよ~

たくさん糞をするんだよ~

手を振り笑顔で見送ります。

 

その一方で、なつと同い年の夕見子とその兄、照男(岡島遼太郎)は学校へ。

母、富士子にせかされる二人とおはようございますと挨拶するなつ。

二人が学校に行くことをうらやましい感じも一切見せず、

牛たちを見送る姿がかえって富士子にやるせなさをつのらせます。

 

放牧中も仕事はあります。

戻ってきた剛男に指示されてフン掃除。

大きなスコップにたくさん乗せてしまったフンに重心を奪われ、転んでしまうなつ。

大丈夫です」とけなげに頑張るなつがたくましくもかわいくて素敵です。

 

そんな姿を心配する富士子となつ自身に任せようとする剛男をよそに

なつは引き続き牧場仕事に精を出します。

きれいになった小屋の中に寝藁を敷き詰めるなつを見守る泰樹。

 

ここでようやく朝ごはん兼昼ごはんです。

戸村親子は、なつの食べっぷりが気持ち良いと好意的ですが、泰樹は相変わらず。

 

昼からは畑仕事へ。豆やジャガイモを栽培する富士子の手伝いをするなつ。

泰樹は絞った牛乳を集乳所へ。

 

夕飯の前にもう一度搾乳へ。ここでもなつはひたすら見学です。

なつぞら第3話後半 なつの頑張りが泰樹の心を溶かす

夕飯で事件は起こった!

いつもどおりの夕ごはんの時間。

疲れがたまりにたまったなつは食事中になつはうっつらうっつらとうたた寝してしまいます。

食べるか寝るかどっちにしろとたしなめる泰樹。

そんなやり取りにいたたまれなくなって

「いい加減にしろ、この頑固ジジイ!」

と怒った富士子は泣き出してしまいます。

 

その空気がいやで席をはずしてしまう夕見子。

なんとも気まずい夕ごはんとなってしまいましたが、それだけでは済みませんでした。

 

照男、夕見子、なつの3人一部屋で寝ていたが

なつのいびきが我慢できず飛び出す夕見子。

祖父、泰樹と寝るというも、負けず劣らずのいびきで呆然。

シーンは次の日、日曜の朝へ。

泰樹のもと、ついになつも搾乳に挑戦

牛たちに日曜もないという語りのもと、牧場小屋で朝の搾乳のシーンへ。

いつもどおり見学するなつに、ついに泰樹は搾乳してみるかと

なつを呼び寄せます。

 

泰樹の手ほどきの元、搾乳をはじめたなつを見て、みんな感心します。

菊介は「なっちゃんはいつもじっとおれたちの仕事見てたもんなぁ」と。

言葉には出さないが、なつを見る瞳にやさしさがともる泰樹。

ついに受け入れてもらえた瞬間でした。

その様子を見ていた照男は悔しさをにじませます。

おれはじいちゃんに認められていない。。。

薪割りをしながら剛男にそう漏らすも、剛男は照男なりに精を出している照男をほめます。

なつと泰樹は打ち解けたはずだが・・・誘拐?!

なつと同い年の夕見子も、何かしら感じているに違いないと

勉強中の彼女のところに向かい、なつが十勝へ来た事情を説明しようとする剛男。

真剣な父親の表情に、ちゃんと向かいあう夕見子だったが、富士子から

あの子がいなくなった!お父さんに連れて行かれた!

と心配しながら飛び込んできます。

時を同じくして、泰樹とともに荷馬車に乗るなつは一升瓶に入った牛乳を抱えて怪訝な表情。

ここで第3話はおしまい。

 

 

富士子は、なつが泰樹に認められつつあることを知らないんですよね~。

母性から心配するのも分かります。

言いも悪いも柴田家はなつが来たことで揺れていきますが、どうなっていくのでしょうか?

続きが楽しみです。

なつぞら第3話に出てきた献立は?

戦後とはいえ、戦火を間逃れた北海道は焼け野原の東京とは比べ物にならないほど食べ物にあふれています。

食べ物に困ることがない、それだけでもなつには十分なんでしょう。

私としては、食事のシーンも密かな見所なんじゃないかなと楽しみにしてるんですよね。

第3話では2回の食卓シーンが出てきました。

朝ごはん(兼昼ごはん)は柴田牧場の大人たちの中に、こどもはなつ一人。

朝ごはんには牛乳がない!

献立は、

ごはん、味噌汁、ふかしたジャガイモ、ゆで卵、たくあん

でした。

従業員の戸村悠吉と菊介も一緒に食べていました。

前回、あんなにおいしいと言っていた牛乳は食卓に出ていませんでした。

売り物である牛乳は出さないという意図なのかもしれません。

夕ごはんはジャガイモ推し!

夕飯の献立は

ごはん、味噌汁、ふかしたジャガイモ、山菜(?)のおひたし、肉じゃが(もしくはきんぴら?)

そして牛乳

でした。

自分のところの孫には栄養価の高い牛乳を飲んでもらって健やかに育ってもらいたいのでしょう。

泰樹、いいお爺ちゃんじゃないですか。

夕見子がおじいちゃんと寝ると言ったことから実は孫バカなんじゃないかなと思いますよねw

 

それにしても、毎食ジャガイモだと

照男のようにさつまいもを食べたくなるの分かる気がします。

さつまいもは貧しさ、みじめさの象徴であるような扱いの戦後で、

贅沢な悩みですね。

 

こんな記事も読まれています

なつぞら2話さつまいもくれたお婆ちゃんは朝ドラ初代ヒロイン北林早苗?

なつぞらヒロイン奥原なつ(広瀬すず)幼少期のたんぽぽ食べた子役は誰?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なつぞら3話あらすじ!泰樹(草刈正雄)に認められなつも乳搾りに挑戦!

と題して第3話のネタバレしてきました。

 

カウボーイのようなシブさが漂う草刈正雄さん演じる泰樹が

なつに搾乳してみるかと言ったシーンはなんともグッと来るものがあります。

 

それにしても仲良くなった二人は荷馬車でどこへ向かったのでしょうね?

引き続き第4話が待ち遠しいです。

 

今回も最後まで閲覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください