西川貴教(T.M.Revolution)イナズマロック2019セトリと感想ネタバレ

スポンサーリンク

この人を抜きにして、イナズマロックフェスを語ることはできません。

そう!T.M.Revolutionの西川貴教さんです。

西日本最大級の野外ロック・フェスティバルと評価されているイナズマロックフェスですが、西川さんが初代滋賀ふるさと観光大使となった翌2009年から開催されています。

2019年本年は9月21日、22日の2daysで開催されますね。

昨年は西川さんがご自身の名義で初日に出演しましたが今回はいったいどんなステージになるのでしょうか?

今回は「西川貴教(T.M.Revolution)イナズマロック2019セトリと感想ネタバレ」と題して西川貴教さんに迫ってみたいと思います。

西川貴教とT.M.Revolutionとabingdon boys school

今でこそ、日本の音楽シーンでは知らない人はいないであろう西川貴教さん。

多くの人がテレビなどでその活動を知るようになったのは1995年、1996年ごろです。ソロプロジェクトであるT.M.Revolutionとして活動を開始、歌番組などに精力的に出演します。

滋賀県生まれの西川さんは、関西のノリがトークも面白く、歌の実力の高さだけでなくそのバラエティ感がウケました。ラジオパーソナリティーも務めて一気にファンを増やすこととなりました。

そして、T.M.Revolutionの夏の曲といえばこれでしょう!

1998年6月24日リリースの『HOT LIMIT』。一度見たら忘れられない衣装と夏に気持ちのいい曲調でカラオケでも定番曲となっています。

一度の活動休止期間を経て、2005年にはソロプロジェクトのT.M.Revolutionとは別にロックバンドabingdon boys schoolを結成。西川貴教名義でボーカルとして参加しています。「音楽を始めた時の初心を取り戻せたら」とメンバーが集まったようです。

そんなabingdon boys schoolのデビュー曲『INNOCENT SORROW』はこちらです。

T.M.Revolutionのカッコ良さとは違う世界観で、本当に西川貴教さんて才能豊かな方なんだなと思い知らされます。

そして、昨年2017年9月19日。47歳の誕生日に西川貴教さんご自身の名義でソロデビューを果たします。

西川貴教イナズマロック2019のセトリは?

昨年のイナズマロック2018での西川貴教さんのセットリストは以下の通りでした。

Bright Burning Shout
ever free [hide with Spread Beaver] awakening
His/Story
Roll The Dice
Be Affected

everfreeをやってくれたのは激アツでした!

あれから1年。今年のイナズマロックでは、どんなステージを見せてくれるか楽しみです。

西川貴教イナズマロック2019の感想ネタバレ!

イナズマロック2019の公演前なので、昨年の観たファンの感想などはまだですが待ち望んでいる声をたくさん見つけたので一部ご紹介します。


西川さんのイラスト、かわいいですよね。ご本人も肌も女性のように綺麗ですしこれくらいキュートでも全然違和感がありません。

西川さんの歌声に惚れこんでしまった方も多いようです。GACKTさんも歌のピッチの安定感を絶賛してますし、ステージでもそれは変わらないようです。


滋賀ふるさと観光大使として、イナズマロックフェスを大いに盛り上げる西川さん。こんな愛され方もしちゃってます☆

 

去年は西川さんがこんなツイートを!

昨日まではあいにくの雨だったようなので、レインブーツや長靴装備で参戦するのが良さそうですね。

熱狂のステージはいよいよとなりました!!私は観に行けませんが、ライブ参戦者の皆様、思う存分楽しんできてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

西川貴教(T.M.Revolution)イナズマロック2019セトリと感想ネタバレ」ということで、西川さんのステージについて迫ってみました。

イナズマロックフェスは近年、悪天候で中止になったりですが、何とか開催して欲しいですね。

そして、西川貴教さんご本人がそれを何よりも強く願っているでしょう。

 

西川さんのセットリストが手に入りましたら、また追記しますね。

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください